学校案内

トップページ > 学科紹介 > はりきゅう学科

はりきゅう学科

「鍼(はり)」と「灸(きゅう)」だけで心身を整える。
三千年以上伝承され、科学的解明が進んでいる東洋医学の根幹をなす治療法、それが鍼灸。

募集定員・修業年限

区分 定員 修業年限 授業時間
午前の部(昼) 30名(男女) 3年 9:15~
12:25
(14:40)
午後の部(昼) (20名)(男女) 3年 (13:10)
14:50〜
18:00

海外でも評価が高い伝統医療

鍼灸治療は、患者さんに寄り添った治療を行える伝統医療です。「鍼」と「灸」で経穴(ツボ)を刺激し、全身の気のバランスを調えることで痛みなどの症状を治し、免疫力を向上させます。人間本来の自ら治る力(自然治癒力)を助けるので、病気予防の効果もあります。また、はり師・きゅう師はスポーツ障害の予防と治療という面でスポーツトレーナーとしてもニーズが高く、国内のスポーツ界だけでなく、海外でも積極的に「鍼灸」が取り入れられています。

はりきゅう実技の技量認定

公益社団法人 東洋療法学校協会が主催する「はりきゅう実技評価審査」を取り入れています。はり師、きゅう師の国家試験は学科試験のみで、実技に関する評価は各養成施設に委ねられていますが、本校では積極的に第三者機関である「はりきゅう実技評価委員会」の評価を受けることにより、実技においても高い水準で学生が技能修得できるカリキュラムを実践しています。

はり師とは

髪の毛ほどもない細さの“鍼”で、身体にある経穴(ツボ)を刺激することで、痛みをとり自然治癒力を活性化させる治療をする医療人。

きゅう師とは

蓬(よもぎ)からできた“艾”(もぐさ)を米粒くらいの大きさにひねって体表面で燃焼させ、温熱刺激により様々な疾患を治療する医療人。

卒業後の進路

はり師・きゅう師は、医療系国家資格の中でも限られている独立開業することができる資格です。大部分の卒業生は将来開業することを目指し、自分の興味のある鍼灸分野に就職して治療を行います。本校では臨床実習に力を入れていることもあり、卒業後はそのまま開業する方もいます。

独立開業